京都の皮膚科・美容皮膚科〔ヴェリィ美容皮膚科クリニック〕

TEL:075-341-3333 診療日:毎週火・金 10:00-15:00

  • 電話でご予約
  • メールでご予約
  • LINEでご予約
  • 施術一覧

皮膚科(保険診療)手荒れ(手湿疹)

1年を通して手にかゆみや乾燥がある方、冬になると乾燥がひどくなり・ひび割れ・あかぎれになる方。 薬局や病院の薬を使っているけれどなかなか良くならない方。 手荒れは、主に外的刺激によるバリアの崩壊によりおこります。 外的刺激とは水仕事、炊事、洗濯、アルコール消毒、素手で段ボールや紙を触る、洗剤や石鹸を多用することなどなど。 原因の除去と、その対策ができていないと、手荒れは繰り返し、悪化します。
どうしていいかわからない方、何を塗れば良くなるのかわからない方、一度ご相談ください。
カウンセリングから、最適な対策と、治療をご提案します。

手湿疹の主な悪化要因

・水仕事をする際にお湯を使っている
・石鹸、洗剤、シャンプー、アルコール消毒、ほこりなどの刺激
・もともと、乾燥しやすく、アトピー性皮膚炎などの敏感肌がある方

治療ポイント

・手荒れの原因となるものをなるべく触らない、回数を減らす
・どうしても触らないといけない場合は、ゴム手袋やビニール手袋をする
 (蒸れなどでかゆみが生じやすい方は薄い綿の手袋をしてからゴム手袋を着用)
・できるだけ頻回に保湿剤を塗る
 (ローションなどのさらっとしているものより、クリーム状のしっとりタイプ、ワセリンやオイルタイプのべったりする保湿剤を塗る方が効果的です)
・かゆみ、赤み、が強い場合はステロイド外用剤をいっしょに塗る。 
 (保湿剤を頻回に塗っても効果がない方は、小さな皮膚炎を伴っている可能性があるためステロイド外用剤を併用することをおすすめします)
・指を曲げる際に痛みを伴うようなひび割れには、ステロイド外用剤に加え亜鉛単軟膏という抗炎症作用がある塗り薬をガーゼに塗り湿布の様に巻いておくと痛みも和らぎ、徐々にひび割れが治っていきます。